MARK

Publications
[TOP] [Publications] [Work Experience] [links] [Gallery]

I. Publications
2013年 3月 A Study of Cohesion in Advice Giving Discourse 『The Kyouritsu Journal of International Studies /Faculty of International Studies, Kyoritsu Women's University
2010年 8月 「日本語と英語、「説得」に向いている言語はどちらか?」 『英語教育 9月号』大修館書店 Vol.59, No.6
2007年 12月 学位論文題目:Constructing a Methodology for the Analysis of Discourse: A Comparative Study of Advice Giving Strategies in English and Japanese (談話分析方法論の確立を目指してー助言談話の方略の英日比較研究) 慶応義塾大学
2007年 「電子辞書の使用実態と普及の要因」 『日本語学』第26巻第8号4-17
2006年 "Analysis of Advice Discourse:Case Studies of Marriage Counseling on Radio Programs in Japan and the United States” In Piotr Cap ed. Pragmatics Today. Peter Lang, 219-233.
2006年 “How may I help you?-Advice by Radio in Japan and the U.S.” In Mar?aJos? Luz?n eds. Corpus Linguistics: Applications for the study of English,79-92.
2005年 3月
「ジェンダー・イデオロギー」 『講座 社会言語科学 社会・行動システム』第5巻 ひつじ書房.18-38..
2004年 4月 「助言のディスコース―『日米ラジオ人生相談番組』の事例研究」 『共立国際文化』第21号 共立女子大学国際文化学部, 31-44,
2004年 4月 “The Japanese Attitudes towards Foreign Languages” Collegium Anthrologium:Vol.28, Suppl.
1.Croatian Anthropological Society.115-122.
2003年 4月 “The Strategy of Preserving Broken Business Discourse.” In Inchaurralde, Carlos & Floren, Celia, eds. Interaction and Cognition in Linguistics. Hamburg: Peter Lang, 39-49.
2003年 3月 「多言語社会アメリカーその推移と現状―」 『共立国際文化』第20号 共立女子大学国際文化学部, 81-94.
2002年11月 「現代アメリカ社会における中国語の影響」 『日本語学』 第21巻第13号 85-94.
2002年 3月 「情報機器を利用した語学教育の実践報告」 『共立国際文化』第19号,共立女子大学国際文化学部, 55-64.
2001年 3月 「助言談話の日米比較―help showの場合」 『共立国際文化』第18号,共立女子大学国際文化学部, 59-69.
1999年 5月 「日米のあいさつことばの輪郭−「ウチ・ソト」「上下」「男女差」「点と線」からの視点」 『国文学』 第44巻第6号, 98-103.
1998年10月 「談話研究におけるデータの活用についてービジネス談話デ−タの事例からー」 『日本語学』 第17巻第11号, 42-51.
1998年 5月 「最も性差のある言語―言語の性差の多重構造」 『月刊 言語』第27巻第5号, 72-76.
1997年12月 「フェミニスト人類学から見た異文化における女性語」 井出祥子編『女性語の世界』明治書院, 231-239.
1993年 7月 「「社会的ネットワ−クにもとづいた言語分析−オ−ストリアにおける二言語併用」 『月刊言語』第22巻第 7号, 54-57.
1992年 5月 「もう少しお切りになったらすてきですよ−女性語研究の新しい切り口」 『月刊 言語』第21巻 第 7号,66-69.
1991年12月 “A Study Concerning the Maintenance of the Mother Tongue in Japanese Bilingual Children," In P. G. Fendos, Jr. (ed.), Cross-CulturalCommunication: East and West, (NationalCheng Kung University) Vol. 3 693-708.
1991年 3月 「言語と性差研究における理論の回顧と展望」 武内道子編 『ことばのモザイクー奥田夏子教授古希記念論文集』目白言語学会, 306-321.
1990年 1月 「デ−タに見る現代の女言葉の生態」 『月刊 日本語』第 3 巻第2号,7-11.
1989年 3月 「性役割と発話の機能」 『日本女子大学英米文学研究』第24号, 75-3.
1989年 2月 「女言葉・男言葉」 『月刊 日本語』第 2巻第 3号, 28-31.

II.Books
2008年9月 「助言のディスコース」『開放系言語学のすすめ』唐須教光(編) 慶應義塾大学出版会
2003年4月 『応用言語学事典』 小池生夫 共編著 研究社. (2003年度大学英語教育学会賞学術賞(辞書・事典・データーベース部門受賞対象著作)
2000年6月 『言語学 II―英語学文献解題』第2巻 唐須教光編 研究社‘Gumperz’項目他分担執筆.
           
III.Others
2011年2月〜
3月1日
共立女子大学で『母語話者視点に基づく解放的語用論の展開:諸言語の談話データの分析を通じて』平成22年度科研費により、国内外の研究者を招聘し、クローズドワークショップを開催。
2006年3月 「大学教育と学会活動の調和を求めて」 『社会言語科学』第8巻第2号, 社会言語科学会
2006年3月 「合意形成の日米比較」 『アジアの文化・インターアクション・ 言語の相互関係に関する実証的・理論的研究』  研究課題番号15320054平成15年〜17年度科学研究費(基盤研究B)報告書 22-65.
2004年8月 「期待される学会活動」 『社会言語科学会ニュースレター 巻頭言』第18号, 社会言語科学会.
2002年4月 “Discourse Strategies of Advice Giving in the U.S. and Japanese Radio Shows” Proceedings of Sociolinguistics Symposium 14, University of Gent, Belgium.11-12.
1999年2月 「談話に見る比較文化意味論―前向きの場合」JELS 16.日本英語学会 1-10.
1998年1月 「美容室におけることばの役割」 『研修紀要』第108号6-29.
1997年7月 「中尾俊夫、日比谷潤子、服部範子 著『社会言語学概論』 (くろしお出版1997)『月刊 言語』 第26巻 第 7号138-139.
1997年6月 「アメリカにおける言語と性差研究−概観と展望」 『英語科研究紀要』第 7号, 19-22. 埼玉県私立中学高等学校協会
1997年2月 「海外(欧米)の社会言語学分野での研究動向」 『言語とコミュニケーションに関する研究概観』荻野綱男 編 平成 8年度文部省科学研究費補助金基盤研究(B)(1)(企画調査)研究成果報告書, 9-47.(共著、小野寺典子、井出祥子と共に)
1993年1月 「欧米における言語と性差研究の最近の動向」 『ことば』(現代日本語研究会)第13号, 18-21.
1993年1月 「英語の中の色彩語」 Cross-Cultural (東京外国語センター)第 8号,28-29.
1991年10月 “Harald Haarmann, Symbolic Values of Foreign Language Use:From the Japanese Case to a General Sociolinguistic Perspective(Berlin/New York:Mouton de Gruyter, 1989)" Asian Folklore Studies (Anthropological Institute, Nanzan University) Vol.50-2 , 363-364.
1990年8月 「キトレッジ・チェリ−著 栗原葉子・中西清美 共訳『日本語は女をどう表現してきたか』 (福武書店, 1990) 」 『週刊読書人』 第1847号,6.
1990年6月 「ジェニファ−・コ−ツ著 吉田正治 訳『女と男とことば−女性語の社会言語学的研究方法』 (研究社, 1990) 」 『英語教育』第39巻 第4号,96-97.

IV. Oral Presentations
2012年 6月 “A Study of Cohesion in Advice Giving Discourse” The 1st World Congress of Scholars of English Linguistics Hanyang University, Seoul, Korea
2011年 7月 “A Comparative Study of the Roles of Advisors in the U.S. and in Japan, with a focus on the Differences in the Advisors’ Goals“ Panel: Emancipatory Pragmatics: The Search for Cultural Parameters in Interactional Discourse The 12th International Pragmatics Conference , University of Manchester, Manchester, GB
2010年 9月 “A Comparative Study of Persuasion Discourse in English and Japanese” Informal Workshop on Comparative Pragmatics, MPI Nijmegen, Nijmegen, Netherland
2010年 9月 "A Comparative Study of the Role of Advisors in the U.S. and Japan" Panel: Cultural Values and Language Practice: In Search of an Enriched Pragmatics Theory Sociolinguistics Symposium 18, University Southampton, Southampton ,GB
2010年 3月 "Different Patterns of Consensus Making: A Case Study of Japanese and Americans" The 5th International Workshop on Emancipatory Pragmatics, University of Sebha, Sebha, Libya
2009年 9月 “A Comparative Study of Advice Giving Discourse in Japan and the U.S.” シンポジウム:「言語を通して見るインターアクションと 文化の相同性―日英相互行為比較―日本英語学会 第27回大会, 大阪大学
2009年 7月 “A Study of Persuasion Strategies in U.S. and Japanese Advice Giving Discourse” International Symposium on Discourse, Communication and Modernity, Bangkok, Thailand
2007年 9月 "Cross-cultural Differences in Advice Giving by Japanese and English Speakers" Panel: Emancipatory Pragmatics: The Search for Cultural Parameters in Interactional Discourse The 11th International Pragmatics Conference The University of Melbourne, Melbourne, Australia
2007年 7月 "Advice-giving Discourse in the U.S. and Japan" Panel: Toward an emancipatory pragmatics: Culture, language, and interaction in cross-linguistic perspectives The 10th International Pragmatics Conference, University of G?teborg, G?teborg 、Sweden
2006年 3月 "Data Collection of Natural Discourse" Tokyo Workshop on Towards an Emancipatory Pragmatics J.W.U. Tokyo, Japan
2005年10月 ゛A Comparative Study of Cross-Cultural Consensus Making―A Case Study of Japanese and Americans” Panel:Exploring the relationship among culture, language and interaction: Cross-linguistic perspectives 9th International Pragmatics Conference(Riva del Garda, Italy)
2004年5月 ゛Problem Solving Over the Waves:Radio Advice Shows in Japan.゛ The International Conference 2nd Lodz Symposium, University of Lodz, Poland.
2003年11月 “ Next caller, please." Advice by radio in Japan and the U.S.” at the 12th Conference on Susanne Hubner Seminar, University of Zaragoza, Zaragoza.
2003年7月 “Contact with Foreign Languages in Japanese Society” the 15th ICAES the symposium on "Language Dynamics and Linguistic Diversity in Anthropological Perspective at the International Institute for the Study of Man, Institute and Museum of Anthropology and Ethnology, University of Florence.
2002年4月 “Discourse Strategies of Advice Giving in the U.S. and Japanese Radio Shows” at Sociolinguistics Symposium 14, University of Gent, Belgium.
2001年 5月 “The Strategy of Stage Switching-The Structure of Japanese Business Negotiations,” at Association of Business Communication, Hilton Hotelin Dresden, Germany
2001年3月 “How Harmony can be Restored to Broken Business Communication: the Case of Japanese Business Discourse,” at the 11th Conference on Susanne Hubner Seminar, University of Zaragoza, Zaragoza.
1998年11月 「談話に見る比較文化意味論―前向きの場合」 第16回日本英語学会発表 東北大学
1997年6月 “A Sociolinguistic Analysis of Japanese Business Negotiations," at International Congress of Linguists, 16th, Paris.
1997年4月 “Communication Strategies and Functions in Japanese Business Negotiations," at the 16th Conference on Languages and Communication for World Business and the Professions, astern Michigan University, Ypsilanti, Michigan.
1996年 4月 “A Study of Communication Strategies between American and Japanese Businessmen," at the 15th Conference on Languages and Communication for World Business and the Professions, Eastern Michigan University, Ypsilanti, Michigan.
1996年 2月 “A Study of Cross-Cultural Negotiations of American Businessmen in Japan,” at the Conference on Far West Popular Culture and Far West American Culture Associations, Imperial Palace Hotel, Las Vegas, Nevada.
1995年 6月 “The Main Factors of Communication Which Affect Americans When Adjusting to Japanese Culture," at the Conference on Asian Studies, Pacific University, Forest Grove, Oregon.
1992年 6月 “The Positive Functions of Japanese Women's Language,” at the International Conference on Sociolinguistics, University of Nijmegen,Nijmegen.
1991年 3月 “A Study Concerning the Mother Tongue Maintenance of Japanese Bilingual Children," at the 3rd Conference on International Communications, National Cheng Kung University, Tainan.
1990年 3月 “The Dominant Power in Conversation-The Case of Japanese College Students," at the 8th Sociolinguistics Symposium, Roehampton Institute,London.


(C)Copyright 2013,Keiko Abe. All rights reserved.